カテゴリー

12月前半失敗まとめ【負けトレードから学ぶ!】負け方あるあるのオンパレードだよ。

FX負けトレード復習

負けトレードの中はお宝がいっぱいです!

そして、負け方ってみんな似たり寄ったりだと思います。

 

 

勝ったトレードは特に見返す必要もありませんが、負けトレードからは、

★自分の性格・弱点・癖

★当時のメンタル(焦っていたetc)

★知識不足

などが嫌というほどわかってしまいます。

 

 

マイナスの数字を記入することだって嫌ですが、ここはちゃんと向き合って、

負けトレードを解剖して調べて、次の勝ちトレードにつなげたいと思います。

 

12月前半失敗まとめ「AUDCHF」・「EUDAUD」

AUDCHF ロング

エントリー時4時間足

エントリー当初の根拠は

「3点目トレード」でした。

しかし、どう見てもすでに立派すぎる陽線が出ています

当時すでにポジションを持っていた「AUDJPY」がいい感じに上がって行ってくれていたので「AUDCHF」も同じように上がってくれるのかな?と思ったのです。

(※後ろフランと後ろ円はどちらもリスクオン時に安全通貨として購入されますが、一緒のような動きをするかといえば、似てるような似てないような・・よくわかりませんね😢)

そして、20MAとの乖離も大きいまま、飛び乗り!

 

 

結果

その後AUDUSDも調整の動きがありましたが、AUDCHFもエントリーした場所から

滝のように落ちていきました😢

 

□敗因
★「3点目トレード」で取れる分は、直近高値までだった。
20MAとの乖離も大きいまま、飛び乗りした。
★よくわかっていない相関関係を頼りにした。
結局:ポジポジ病を発症したということ。

 

 

EUDAUD ショート

エントリー時4時間足
週足(黒)と日足(ピンク)で長期トレンドラインが2種類引けていました。
そのラインを再び下抜けて戻りを付けたように見ていました。

 

 

そして20MA120MAデッドロスしたのを確認
フィボナッチを裏あてしたところ61.8%戻りだったので「ハーフスイング」だーっと思って、小さく陰線を付けたところでショート。

 

 

ところがすぐグイグイ上がって、損切りのすぐ下まで上がってしまいました。
結果戻りが31.8戻りくらいになってしまい、これはハーフスイング適用外だったかと
ハラハラしていました。

 

 

結果
利確ラインを直近安値のヒゲ先にしていたところ、実態の揃ったところで反転してしまいました。
かなり近くまで落ちてきてくれたのに。
もったいないことをしました。

 

見ていなかったので、そのまま反転し損切りに。

 

□敗因
★トレンドラインが2本引け、ちょっと揉みやすい難しい場面だった。
利確を欲張った。

 

 

12月前半 負けトレードから得た教訓!

□今回の教訓
20MAから乖離したところで飛び乗りしない。
★相関関係を根拠にするときは慎重に。
★チャンスは必ず何度でも来るから、待つ!
★難しい局面はパスする。
★利確を欲張らない。実態が揃っていたらそこまでにする。 ハーフスイングの根拠の場合・・・

 

 

 

「3点目トレード」解説はこちらから→「とにかく2点目(3点目)だけを狙え!」を絵で解説!

コメント

タイトルとURLをコピーしました