カテゴリー

(初心者でも)「トレード記録」より「トレードブログ」の方がオススメな理由!

fx雑記

「トレード記録」って、皆さん付けていますか?

 

HARUが毎回思うこと。

 

HARU
HARU

記録メンドクサーーーイ!

 

利確後すぐに付けていたのが、3日後になり・・一週間後になり・・

 

そして、付け方が悪かったのかあまり見直さず、ただ単に損益を見返すツールと化

していました。

 

 

 

(初心者でも)「トレード記録」より「トレードブログ」の方がオススメな理由!

HARUの今までのトレード記録は、付けていたけど誰にもみられないから、

とにかく省略×2。

エントリー理由も、前回のエントリーのコピペ。環境認識的には全然違うはずなのに。

そして見直さないんです。

 

 

それもこれも、誰にも見せないから!
見られないことを続けることって、非常に難しくはないですか?

 

 

トレードブログは人に見られる。

ジムで、トレーナーや他の人の目があると、頑張っちゃう原理を使ってブログでのトレード記録開示をすると、メリットがいっぱいです。

 

ジムの会費はらっちゃったし=サーバーも契約しちゃったし頑張るか!という心理を

使います。

 

金額など出さなくてもいいと思いますが、ブログだと丁寧に書こうとするため、

 

☆あとで見返してもわかりやすい。

☆記録を書くために適当なエントリーができない。

 

などのメリットがいっぱいです。

 

そう、なぜならトレード記録と違い、人の目があるから!

 

①丁寧な復習ができる。

ブログは人の目があると思うと丁寧に書きます。

トレード記録のように、自分だけがわかる書き方だと全く読まれないですしブログの意味がありません。

エントリー根拠の全てを丁寧に文章化することで、もう一度そのエントリーをトレースする感じです。

これこそまさに、トレード記録の肝復習です。

 

②すごく客観的になれる

これでもかと考えてエントリーしたはずなのに、ブログに書いているうちに

「何でここでエントリーしたん?」と思うことがあります。

 

頭を振り絞ったはずなのに、その当時の自分が、盲目的になってるのが

恥ずかしいくらいわかるんです。

 

エントリー前にブログの構想を練るだけで、

  • ポジポジ病撃退。
  • エントリーを見直せる。

が可能です。

 

 

いやいや、「ブログの方がめんどくさい!」と思われるかもしれませんが、

惰性で記録をつけるより、トレードに役立つ感じがしっかりあって、
結構モチベーションが上がり、続けられます。

少なくともHARUはトレード記録よりよっぽど意味を感じられて、続けることが苦しくなくなりました。

 

トレードブログを書くようになる前と書いた後では、自分がどう思ってどうエントリーしたのかなど癖がはっきりとわかって、見える景色が全然違うので本当におススメしたいです。

 

 

失敗トレードを書くのは恥ずかしいけれど(実際ちょっと恥ずかしい)、

初めからブログ書いていたら、今の勝率は違っただろうなぁと思います。

 

 

ブログじゃなくても、こっそりSNSにアップするだけでもいいかもしれません。

フォロワーが0でも、とにかく人目にさらすことが大事だと思います。

 

ブログを書いた経験は後々役立つ。

ブログを書く勉強は、絶対に今後マイナスにならない!

一度やってみておけば、転職個人事業主として出発するときにも、必ず役に立つと思います。

私も、本業の方でホームページを作るときにとても楽でした。

 

ワードプレスがオススメ

HARUは途中でやめないように有料のワードプレスにしました。

ワードプレスだと、メジャーなのでネットでググれば大抵は解決するし、わざわざ本も
買わなくていいほど。

独学にオススメです!

慣れていったら楽しいです ^ ^

開設・設定は全くわからなかったので、すべてヒトデブログさんを参考にただただ作業をしただけです。

ヒトデブログ

 

全くお金をかけたくないし、しっかりとしたブログを書く気がないという方は「はてなブログ」や、SNSで呟くのがいいかもしれません。
FXで絶対勝つ!と思っている人は、人目にさらす覚悟は大事かなと思っています。
HARUも勝つ気満々なので、ブログを続けようと思っています。

 



PC

ちょっとアフェイエイト?

最後に・・

副産物としてアフェリエイトもいいんじゃないでしょうか。

広告なども載せたりして、ちょっとお小遣い入ったらさらにうれしいですね。

XMは、アフェイエイトのパートナーも募集してますね。

登録も2分くらいで終わり、広告のコピペを貼るだけなので簡単ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました