カテゴリー

「負ける思考」反面教師にして!FXで勝率1割だった時のHARUの思考。

fx雑記

負け組トレーダーHARUです!

勝ち組トレーダーを目指していますが、まだ勝率は5割というところでしょうか(*ノωノ)

 

 

でも今年の前半くらいまでは、ずーっと勝率1割。

上がるか下がるかのfxで9割負けを叩き出していました!

自分のエントリーのロングとショートを、本気で入れ替えようかと思っていました。。

 

 

9割負けって本当に心が折れます。

疑心暗鬼になり、勝ってる人なんてみんな嘘を言ってるんじゃないの!?💢と疑ったほどです。

 

 

負けまくって、負けまくって死にそう。。という方は、当時のHARUと同じ思考になっているのではないでしょうか。反面教師にして、自分に当てはまらないか確かめるため、ぜひ読んでください。

「負ける思考」反面教師にして!FXで勝率1割だった時のHARUの思考。

絶対に勝てる方程式(必勝法)があると思い込んでいる。

★手法に頼って、思考を止める

絶対に勝てる方程式(必勝法)があると思い込んでいる。

絶対勝つ手法なんてない、とよく聞きます

 

 

いろんな億トレーダーさんが手法を公開されていますが、ちゃんと「8割勝つ方法」とか勝率が書いてあります。

100%って言っちゃうと炎上しそうですしね。そう、絶対勝つはないのです。

 

 

しかしHARUは、「必勝法は無いと理解しているつもり」でも、

どこかで、FXには数学の問題のように答えがあって、方程式さえゲットすれば必ず正解が出るのだと、「FXの方程式を探そう!」と頭のどこかで思っていました。

なので、「こうなったら、絶対にこうなる」というような、不確実なチャートに「絶対」があると考えてしまっていました。

 

「絶対こうなる方程式」があると思うことで、手法を見つけた後、思考をさぼる

これだっと思った手法を見つけたら、とにかくやってみるというところまではいいのです。

そして少し勝てたとします。

 

HARU
HARU

これはいける!HARUはFXの方程式を見つけた!キャホウ!

 

と思って、その後

①その形を見たら自動的にエントリーする。

②手法解説で「ここまで取れる事が多いです」と聞けば毎回そこまで指値を置く。

を繰り返しました。

 

 

そうすると何が起きるかというと、

エントリーしたところまでは堅調にグイグイ動いていた足が、エントリーととも反転する

私がエントリーしているのを、どこかの機関が監視していて、「HARUがエントリーした!反転せよ!」と全世界へ命令をだしているとしか思えないほどの引き返しっぷり。

 

初めは狙った方に行っても途中で引き返してくるのを、ただ眺めてしまう

方程式が正しいと思っている、思考停止しているHARUは、今はちょっとした調整だと耐え続け含み益がマイナスになっても耐え続け、あげく損切りになる。

 

さらに地獄へ。。

「絶対こうなるという方程式」でエントリーしたと思っているが故に、逆方向に動いていても反転すると信じているため、切られそうになったら損切りさえも動かすことが良くありました。

 

方程式が間違っていると思っていないものですから、ナンピンまでしてました!

後はもう、冷や汗かきながら祈り、叫ぶ地獄絵図に。。😱

 

 

HARU
HARU

なんでそんな事がおこるの?はじめは勝ってたのになんで結局9割負けてるの?

この手法を見つけるまでは、あんなに勉強して検証もしたのにっ。

 

 

それは、「この手法がFXの方程式(必勝法)だ!」と思った時点から、HARUが

思考を止めていた・さぼっていたからだと思います。

 

人間っていう生き物は、「とにかく考えることをさぼりたい」ようです。
そのほうが楽だから。
なので、ちょっと「こうだ!」と思ったら、安心して思考を怠け始めるのです。

 

怠け始めると、
★形がそれっぽいとすぐエントリーする。
★だんだん環境認識をしなくなる。
★そもそものルールさえも簡易になっていく、もしくはルールからずれていく。
ということが知らず知らずのうちに起こります。

 

すると、当たり前のように、これだと思った手法は効かなくなり、怒涛のように負け始めます。

 

「負ける思考」をやめて、変えたこと。

手法を見つけては思考をさぼり、手法がハズレだったのかなぁとまた新たな手法を探し、
見つけてはさぼってきたHARUが、9割負け続けてボロボロだった頃に出会った動画。

 

 

この動画を見て、いくら手法をあさっても「必勝法はない」のだと理解しました。

そして、HARUは無自覚のうちに思考をさぼっていたという事実、思考をさぼっていては勝てないということに気づかされました。

 

そして負けることと勝つことはセットであること。勝ち組トレーダーの梅ちゃんでさえ、相場はわからないことのほうが多いと言っていたのです。

HARUがごとき初心者がFXの必勝法を見つけられていたら、世の中お金持ちだらけです。

なので負けることを初めから想定しておくことが大事だということを知りました。

 

毎回エントリー時に頭を振り絞り、今までの知識を総動員して、一つのエントリーに根拠を3つ以上積み上げる。

手法の内容が大切なのではなく、その手法でエントリーするときに

環境認識を確かめて、気になる点や、見落としがないかを、頭を絞って考えること

 

 

今までのつたない知識を総動員して考え抜く感じです。

手法やチャートパターンなど根拠が3つ以上が理想。あればあるほど確率は上がります。

 

例えば、①wボトムを確認後、さらに②MAのゴールデンクロス確認後、③この強いレジサポを超えたからロング。などなど。

 

 

さぼりがちな頭にしっかりとしたトレード根拠を積み上げさせる方法おススメ↓

★エントリー前に誰かにエントリー根拠を説明する。

パートナーでもいいし、ブログでもいいし、SNSで呟くもいいし、誰かに自分のエントリー根拠を説明する。

している途中で、抜けているところや矛盾点を見つかりやすい。

 

みんチャレ」というアプリで、他人通し5人で作るのFXグループに入り、エントリー前の根拠発表場を作るのもいいと思います!

 

HARUはエントリー時に根拠を書いておいて、結果が出てから結果とともにブログにアップしています。

※参照→初心者でも)「トレード記録」より「トレードブログ」の方がオススメな理由!

 

★トレード記録に根拠を詳細に書く。

公表するよりは緊張感は下がりますが、公表するつもりでエントリー根拠を綴るのもいいと思います。

 

 

負けるときの動きほど、エントリー前に詳細に想定する。

勝つことしか考えない思考をやめて、負けることをしっかり考えるようにしました。

負け方をシュミレーションする感じです。

 

例えば、図のようにロングを狙う時に決済値を分散します。

 

①のように負けたら諦める。

直近高値で逆行したとき用に利確aを置いておく。

③さらに最終目的利確bを置く。

 

とすると、

結果が

①だった=負け

②だった=一枚利確し、一枚損切り。(しかし利益は20pips、損切りまでは10pipsだったら勝ち!)

③だった=二枚とも勝ち!

 

のようなリスクヘッジができたりします。

 

まとめ

結局、FXで楽して(思考停止して)、勝つということは不可能だと思いました。

当たり前ですが、毎回、チャートに向き合うことが大事。

でも、そんな当たり前の継続が難しいです。

 

□解決策

エントリー根拠を3つ以上見つけて、エントリー前に書くor誰かに説明する。
★逆行した時のことをパターン化して想定し、決済値を分散する。

 

HARUは今このルールで頑張っています。

 

負け9割なんて方がHARU以外にもいらっしゃったら、上に上げたような思考になってはいませんか?

その思考のままではずっと9割負けになってしまいますので、抜け出すきっかけにしてください。

解決策も参考になれば幸いです😻

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました