カテゴリー

FX土曜勉強会《119》「初心者応援講座エントリーの基本②押し目買い戻り売り」まとめ

あきちゃん動画勉強会

FX土曜勉強会《119》「初心者応援講座エントリーの基本②押し目買い戻り売り」まとめ

あきちゃんのFX土曜勉強会《119》「初心者応援講座エントリーの基本②押し目買い戻り売り」の動画を、覚書としてまとめました。

 

※あきちゃん動画を見てのHARUの認識です。

「戻り」はどこへ戻る?

上図は、あきちゃんの言う「戻りが入るゾーン」を色付けしたものです。
グーッと上に伸びたこのチャートがこの先、どのあたりに戻りをつけるかというと、

・子波がブレイクした、親波の戻りの高値ライン

・子波がブレイクした、親波の戻りの安値ライン

・子波がブレイクした、子波の戻りの高値ライン

・子波がブレイクした、子波の戻りの安値ライン

このラインの中の、赤く色づけされているところが、戻りのポイントになります。
このゾーンのどこまで戻るかは、神のみぞ知る。です。

 

戻りにトレンドを付けているかを見る!

では、早めに戻りを完了させ上がっていったパターン。
トレンドを付けていたら、トレンドラインを引いて上抜けしたらロングができる。
実際のチャート(浅い戻り)】
AUDJPY4時間足
一番近いラインに戻りを付けてから反転しています。

 

では、トレンドを付けずに深く戻り、ゾーン目一杯使ってトレンドをつけた。
トレンドライン抜けからエントリーできる。
実際のチャート(深めに戻った時)】

ラス押しも下抜けて、戻りを付けにいっています。

 

 

□エントリー時の重要ポイント
★戻りのゾーンを確認し、引き付ける。
★戻りにトレンド付けているかを確認する!

トレンドを付けていなかったらトレンドラインも引けないし、付けていない段階でエントリーしても、其の後トレンドを付けに大きく引かれるかもしれないので注意。

トレンドを付けていなかったらエントリーしなくてもいいくらい。

 

 

押し戻りを待ってエントリーする時のルーティン

日足で環境認識

日足

図では、日足の子波の戻りがラス押しを下抜けず踏ん張っているので、まだ上目線と判断できる。

「下がったら買い」で勝負できる。

 

 

4時間足で監視・エントリー

4時間足

4時間足で親波・子波を見つる。

子波が親波の戻りを上抜けていたら、戻りゾーンを確認する。

 

 

トレンドライン上抜けからエントリー。
損切りは戻りの下。

 

 

ダブルボトムの時は

 

そこがダブルボトムの時はネックラインにトレンドラインを当てなおし、抜けから取ると安心。

ダブルボトムと見せかけ、もう一度トレンドを付けに下がることもあるため。

 

 

感想とまとめ

HARU
HARU

結構難しいね・・・

 

小HARU
小HARU

戻りがどこに入るかをきっちり予測する事が重要なのではなくて、戻りがトレンドを付けたのを確認して、トレンドライン抜けからエントリーすること安心につながるじゃないかな。

 

HARU
HARU

トレンドライン命!って、あきちゃんが良くいっているもんね。

 

□まとめ
戻りゾーンの外でエントリーしない。高値(安値)掴みになるから。
★とにかく、戻りにトレンドができるのを待つ。
★とにかく、トレンドラインを抜けるのを待つ。

 

併せて読むと、点と点が線になるぞ!

押し戻りについてゾーンを理解しているからこそ、このあきちゃんのトレード!

FX土曜勉強会《48》「日足の生きトレンドを追え!!」まとめ

 

トレンドライン抜けが「第一波」の条件。

だからトレンドラインを抜けるのを待つのだ。

FX土曜勉強会《152》「第一波の定義」まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました