カテゴリー

あきちゃん准教授 FX土曜勉強会《152》『第1波の定義』まとめ

あきちゃん動画勉強会

アキちゃん准教授FX土曜勉強会《152》『第1波の定義』

動画はこちら

 

 

第一波の定義

★トレンドラインを抜けている。
★ラス戻りorラス押しを抜いている。
★三尊やダブルトップ・ダブルボトムのネックラインを下抜けしている。
↓さらにあると良い
★120MAを抜いている。

 

 

図では、トレンドライン上抜け+120MA上抜け+ラス戻り上抜けが見られる立派な1波発生。

 

これが見られたら、2波の戻りを待って、2波に引いたトレンドラインを抜けたら飛び乗りでエントリー可能。

さらに図では、120MAと20MAのデッドクロスに押し目を付けているので鉄板ハーフスイング。

 

チャートパターンを利用した1波の見つけ方

三尊やWトップのネックラインを下抜けた力強い波が第1波となることも。

チャートパターンが見られたときは、ダブルトップ×2倍の長さを1波がしっかり落ちきっているかを確認しておく。(「FX土曜勉強会《166》第一波の完成基準!!」より)

 

三尊下抜け+120MAと20MAを下抜き+トレンドライン下抜けの1波が発生したが、120MAがEMAとSMAでゴールデンクロス中なのでラス戻りまでしか落ちなかった。(ゴールデンクロス中=上に行きやすい)

親波のラス戻りを下抜けたら下を追って行ってもよい。

 

 

図の場合は、トレンドが2つある波なので、後のトレンドに当てたトレンドラインを引いている。

トレンドライン抜け+ダブルトップのネックライン抜けが見られるので1波と判定。

月足の2400MAをネックラインにして、2波からトレンドの起点まで取れる。(2400で強く弾かれるため)

 

 

 

Q問題:どれが一波?(FX土曜勉強会《166》第1波の完成基準! 参照)

ダブルボトム×2倍伸びるという基準で探すと、矢印のところまでがちょうど1波のようだ。

その後は、大体ネックラインやラス戻りの付近に戻り(2波)を付ける。トレンドラインを引いて戻りを付けたところからエントリーできる。

 

第一波その他豆知識

「FX土曜勉強会《166》第一波の完成基準!!」より

図のように、1波のトレンドが急で、2波がしっかり落ちてきたとき、3波は良く伸びる。

 

 

あわせて読みたい

逆に120MAを上抜けしなかった時は

アキちゃん准教授 FX勉強会《102》直近チャネルを引け!!覚書

 

120MAを上抜けしても、ロングができない場面

あきちゃん准教授【土曜勉強会48 日足の生きトレンドを追え!!】覚書



コメント

タイトルとURLをコピーしました